イギリス子育てレポート

ロンドンで子育て奮闘中。調べたこと、やってみたこと、感じたことをレポートします。

ジーナ式トイレトレーニングに失敗

スタートは良かったトイトレでしたが…

12月頭に娘が2歳になったと同時にトイレトレーニングを開始しました。年末にトイトレ大成功の記事を書き始めて下書きに保存していたのですが、今結局失敗談に書き直しています…。お正月前には完全に昼間のオムツに卒業した娘だったのですが、色々あってふりだしに戻った失敗話です。

1歳半頃からトイレにオマルを置いてゆる~くオマルに座る練習を始めていました。2歳前には安いパンツも買ってみて娘に見せてみたところ大喜びだったので、お風呂の前にはオムツを外してパンツをはかせて、オマルに座らせてみたりしていました。

「オムツ高いしゴミ捨て面倒だし、早くオムツ卒業して欲しい…」という私のエゴもあって、2歳になってすぐちょっと早いかなと思いつつトイレトレーニングを開始しました。

ジーナ式で生活リズムを作ってネントレに成功しているので、トイトレもジーナ式です。予想以上にスムーズに進み、本当に1週間で寝るとき以外のオムツは卒業しました。

カリスマ・ナニーが教える 1週間でおむつにさよなら! トイレトレーニング講座

カリスマ・ナニーが教える 1週間でおむつにさよなら! トイレトレーニング講座

 

私が読んだのは英語の本ですが日本語の本も出てます。

 

スタートダッシュに成功したのは、娘がトイレにもパンツにもかなり興味を持っていたからだと思います。私がトイレに行くときに娘がついて来たらそのまま一緒にトイレに入り、用を足すところを見せて説明していたりしていました。オマルを買ったらすぐにそれが何に使う物なのか分かったようなので少しは役に立ったかな、と思います。でも、問題はその興味を続けさせることでした。

 

止まらない後退期

トイトレを始めた最初の1週間は何回もお漏らしをして大変でしたが、すぐにパンツでおしっこしちゃうと濡れちゃうと気づいたようで、1週間後には自分から教えてくれるようになりました。

クリスマス前にはオマルで用を足すのにすっかり慣れて、クリスマスからの年末休暇をオムツ・フリーで過ごし心晴れ晴れだったのですが、年が明けて保育園に戻ってから雲行きが怪しくなりました。

まずはウンチを漏らすようになり、1月末にはまったくオマルでウンチが成功しなくなりました。今月に入ってからはオシッコも全くオマルでしてくれなくなり、お漏らししても何も言わずに遊び続けるようになってしまいました。

年が明けてから止めてしまっていたご褒美シール表を家でも保育園でも復活させたのですが、シールにも飽きてしまったようでシールあげると言っても喜びません。

自分からはウンチもオシッコも教えてくれないので、こちらからトイレに行こうと声をかけるのですが返事はいつもNo。それを無理矢理連れて行くと泣いて嫌がるから、トイレが嫌いになりそうであまり無理強いもできない。それなのにトイレを断った数分後にはお漏らしする娘…。

後退し続ける娘を止める術はなく、毎日山のように持ち帰ってくる洗濯物の量に、今週ついに白旗をあげてオムツに戻しました(涙)。

 

ジーナ式では一度パンツをはき始めたら寝るとき以外は絶対にオムツに戻してはいけないと言います。出かけるときだけとか、長い時間トイレにいけないかもしれないから、とたまにオムツをはかせるのは子供を混乱させるだけだと。

トレーニングパンツなんかもはかせずに最初から普通のパンツにして、お漏らししたら濡れて気持ち悪いということを分からせるのも、最初のうちは効果があった気がしました。元々オムツが汚れても全く気にしたかったうちの娘も、最初のうちはちょっと漏らすと「Wet wet!」と言って教えてくれたのですが、最後のほうは濡れてもお構いなしに戻りました。

保育園の先生もジーナ式の本にもregression(後退期?日本語の本にはどんな訳がつけられてるんだろう)はよくあることとは言われたし、本ではオムツに戻すのは本当に上手くいかないときの最終手段でできる限り戻すな、と書いてあるのですが先週ついに挫折しました。

 

興味を失ったトイレに戻る日は来るのか

最初の1か月は本当に上手くいっていて、オシッコは数時間も持つことが分かったし、ウンチもオシッコも自分からしたいと言ってトイレに行くようになっていました。だから、身体的には早すぎるということはなかったような気がするのですが。

トイレで上手に用が足せることの特別感が失われたら、楽しい遊びを中断してまでトイレに行く気が起きなくなってしまったのか。ご褒美シールの効果も1か月で尽きてしまったし。夫がスーパーで買ってきた安物の全然可愛くないお徳用パンツ(しかも色が紺とか緑とかどう見ても男の子用)も娘には楽しくなかったのかも。

 保育園の先生達も色々工夫してくれたのですが万策尽きた感があり申し訳なく、こちらも毎日大量の着替えを用意して毎晩仕事の後に洗濯機を回すのにも疲れました(つわり軽いと思っていたけれど、汚れたパンツを袋から出したらさすがに吐いてしまったり…)。

 

しばらくトイトレについて考えたくない、と思いつつ次の作戦を考えないと…と悩んでしまいます。身体的には準備ができていても精神的にはまだ早かったのかも、と思うことにしています。しばらく待って再開する日にはちゃんと上手くいくと思いたい。できれば2人目が生まれるまでにはオムツを卒業させたいのですが…。

とりあえず4月にはこどもちゃれんじのトイレトレーニング応援セットが来るので、しまじろうの活躍に期待したいところです。