読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス子育てレポート

ロンドンで子育て奮闘中。調べたこと、やってみたこと、感じたことをレポートします。

ロンドンの赤ちゃん・子供向けコンサート

イギリスで育児

また更新が空いてしまいました。更新しない日が何日も続くと、ついそのまま明日しよう明日しようと空いてしまいます…離乳食の話がなかなか進みませんが、今日は最近娘を連れて行った赤ちゃん・子供向けのコンサート系イベントについて書きたいと思います。

 

ミュージカルと演劇が盛んでウェスト・エンドを中心にあちこちに劇場があるロンドン。イギリス人一般に観劇がどのくらい普通なことなのか分かりませんが、あれだけあちこちに劇場があるから、好きな人は割と多いのでは?と思います。

私はオペラが好きで出産前はよく見に行っていました。義弟はちょっとした業界人でもあるのでミュージカルを一緒に見に行ったり、シェイクスピアおたくの義父にグローブ座に連れて行ってもらったり。義家族のお陰で、自分のお金はオペラだけに注ぎ込みつつ、渡英以来色々と楽しませてもらってきました。

妊娠が分かってからは、「あー、産まれたら当分オペラはお預けか」と思って、あちこちに毎月のように見に行ったりしました。で、予想通りお預けになっています。

そんな観劇を我慢している親向けに?なのか、子供を楽しませるためになのか、ロンドンでは赤ちゃん・子供向けコンサートが結構あります。

 

Bach to Baby

www.bachtobaby.com

こちらはクラシック。かなり手広くロンドンのあちこちで頻繁にやってます。教会などを貸し切って、2、3名のプロの奏者が来て1時間程演奏してくれます。私が見に行った公演は、初めてのときはバイオリンとチェロ、2回目はバイオリンとピアノでした。

コンサート中、授乳しても食べさせても大丈夫だし、大きな子供たちは走り回っても良し、泣いたり騒いだりするのも仕方がなし。でも、せっかく音楽聞きに来てるんだから大人がおしゃべりするのは遠慮してくださいね、というスタンスです。

最後には子供たちを前に集めて童謡を演奏てくれて、みんなで歌を歌ったりしました。2回目はクリスマスコンサートだったので、クリスマスの歌もあって良い雰囲気でした。

 

私が行った会場では、コーヒーや紅茶とちょっとした焼き菓子なども売っていて、コーヒーとビスケット片手にクラシックの生演奏を聴くというのは、子育て中の身にはかなり気分転換になりました。

が、残念ながら、娘の反応は良くはありませんでした。2回とも途中で飽きて暴れ出したから、お菓子やおもちゃで気を紛らわしつつ座っている、という感じになってしまいました。歩けるようになったら、会場の後ろのほうで遊ばせられてよいのかもしれません。それか、前のほうに座れたら楽器に興味を持ってくれるのか…。

どうしてもクラシック音楽は小さい子供には面白くないのか、30分を過ぎたあたりから泣きわめく子供が増えます。

ちなみに、発売同時にアクセスしたのに人気でチケット取れませんでしたが、バッキンガム宮殿でも公演したりしてます。

 

Baby Broadway

babybroadway.co.uk

こちらはミュージカルです。ウエスト・エンドの歌手が来て、有名なミュージカルやディズニー映画などの歌を歌ってくれます。この週末に行ってきたのですが、これがかなりよくて、おススメしたかったのでこの記事を書きました。そのときは男性と女性の歌手が1名ずつとピアノ奏者の人3名という編成でした。

サウンド・オブ・ミュージックのドレミの歌に始まって、雨に唄えばやオズの魔法使いなど聞いたことある曲ばかり。ディズニー系はリトル・マーメイドとイギリスでも大人気フローズンがありました。

プロのミュージカル歌手ってやっぱりすごいです。歌がすごいのはもちろんなんだけど、衣装も舞台装置もない中でちゃんと演技もしてくれていて、歌と動きで大人も楽しませてくれます。

途中シャボン玉を飛ばしたり、メリー・ポピンズのLet's Go Fly a Kiteに合わせて、みんなで赤ちゃんを持ち上げたり、子供を楽しませるちょっとしたエンターテイメントもしてくれました。

 

Bach to Babyがコンサートに行きたいけど子供がいて行けない大人向けなの感じがあるのに対して、このBaby Broadwayはもっと子供向けな印象でした。フローズンの歌に合わせて完全に自分の世界に入って踊ってる3、4歳の女の子なんかもいて、いつか娘と一緒にミュージカルを見に行きたい私としては、これからもちょくちょく連れてきてあげよう、と思いました。

残念ながら、Bach to Babyほど色々な場所ではやっていないし、公演数も多くありません。スケジュールもあまり先のほうまで公開されていません。でも、チェックして見に行く価値ありです。これからどんどん広がっていって欲しいな、と思っています!

 

Baritone Baby

www.baritonebaby.co.uk

こちらはまたちょっと大人向け。オペラ歌手のコンサートです。オペラ好きとしては張り切って行きました。私が行った回では、ピアノ奏者の方とメゾ・ソプラノ歌手が1名でした。オペラ以外にミュージカルも歌っていました。

割と見やすい席にいたので、娘は歌手の方に興味津々で良い経験になったかも、という感じでした。ミュージカルの曲もあったし、途中、子供たちは一緒に踊りましょうってところがあったり、Bach to Babyよりは子供向けの演出も考えられてました。それでもやっぱり最後は飽きちゃう子供が多かった気がします。仕方がありません。

で、大人は楽しめるかというと、私はベルカントからヴェルディまでのイタリアオペラばっかりで、そこら辺はその歌手の方のレパートリーではなかったのか、あまり知らない曲ばかりでちょっと残念な経験になりました…。

 

今は新しいコンサートの予定は決まっていないようです。またやってたらもう一度トライしたいな、と思ってます。

 

子供向けのイベント探し

以上、私が行ってみた3つを紹介しました。ちなみに、Bach to Babyは知り合いのお母さんから知りましたが、他の2つはHoopというアプリから見つけました。住んでる地域の子供向けのイベントを探せるアプリです。結構充実しています。

 

hoop.co.uk

これからも面白いイベントを見つけたら紹介していきたいな、と思います!