イギリス子育てレポート

ロンドンで子育て奮闘中。調べたこと、やってみたこと、感じたことをレポートします。

イギリスで出産したら翌日に退院させられるって本当?

イギリスで出産する(した)、と言うと必ず聞かれるのが上の質問。キャサリン妃がシャーロット王女を産んだとき、産後10時間も経たずにハイヒールをはいて笑顔で退院していく様子は日本でも報道されて驚きだったと思います。

ちなみに、イギリス人の義母は、後すぐにハイヒールなんて一般女性にプレッシャーを与えると憤慨していたし、イギリス人ママ友達も産後半年頃に友人の結婚式に行くため、久しぶりのハイヒールに緊張したりしているので、こんな様子が一般的なわけじゃありません。

この質問に対して私は「必ずしもさせられる訳ではありません」、と答えます。産後体調が優れずしばらく入院していたという知り合いもいます。ですが、私は翌日に退院しました。出産時の会陰裂傷で下半身麻酔の手術をしたことと、授乳のやり方もいまいちコツがつかめていなかったからか、優しいナースには「自信がなかったらまだここに居てもいいのよ」と言われましたが、退院しました。確かに自信は無かったけれど、空調もなく窓が壊れて開かない病室は冬なのに暑すぎで(新生児がいるのに!)、かたいベッドは寝てても座ってても腰が痛く、食事はイギリス料理はマズイって言われても仕方がない程ひどいものだったから。最近ロンドンには美味しいレストランがいっぱいあるけど、病院食を改善させるほどイギリスの食は向上していないと痛感。残念。

 

ただ、私はこの選択で間違ってなかったと思います。まだ頭が働かず英語がおかしくなっていた私は、病院では夫にずっと付き添っていてもらいたいけど、彼は床で寝ることになっていたので、もう一泊するのはあまりにもかわいそう。私自身も帰宅すれば寝心地の良い自分のベッドで眠れるし、日本から来てくれた母親の美味しい和食が食べられる。退院の許可がおりた後は、迷わず帰宅しました。家に着いた後は、家事は母に全部してもらい、赤ちゃんのお世話も夫と2人で試行錯誤しながら頑張り、産後ハイもあったのか辛かった記憶はありません。そして退院の翌朝すぐ、事前に聞いていた通り、最寄りの指定のヘルスセンターから助産師さんが来てくれました。退院後2、3日は誰かが様子を見に来てくれると聞いたのです。新生児を抱えて右も左もわからない初産婦を放り出すほど、イギリスの医療はひどくはないはず、と信じていました。

f:id:yumih:20161013181314j:plain

助産師さんは赤ちゃんの様子を見て体重を測り、一緒に授乳のやり方を確認。「よく寝てくれるいい子と思ったかもしれないけど、ちょっと黄疸になりかかってるから、起こしてでも授乳するように」とのこと。言われてみれば黄色っぽいかも…ですが、言われるまで私も夫も母も誰も気付かず。運悪くこの日は金曜日。「明日明後日は週末で誰も来られないから、もし何か問題があったら産んだ病院に連絡して、そこのA&E(Acciednt & Emergency=救急外来)に行ってね」と、言われてちょっと不安に…。さらに、「次の検診は月曜、ヘルスセンターまで来てね」と言われたときは目が点になりました。産後5日目、まだまだ切れた後が痛く家の中を歩くのが精一杯なのに、徒歩15分のヘルスセンターにたどり着けるのか。毎日来てくれると思ってたのに、ちょっと聞いてた話と違うぞ。

 

そして、最悪の事態は日曜に起こりました。朝起きると、娘の顔が明らかに黄色い。授乳とオムツ替えを記録したメモを見ると、もう24時間うんちをしていない。言われたとおりに病院に電話し様子を伝えると、念のためにA&Eに行くことに…長くなったので次の記事に続きます。