イギリス子育てレポート

ロンドンで子育て奮闘中。調べたこと、やってみたこと、感じたことをレポートします。

はじめまして

2015年12月にイギリスで娘を出産。新生児なんて見たことすらなかった私と夫にとって、育児はわからないことだら。日本語と英語、両方の育児書を読みあさり、同じような悩みを抱えるお母さんたちのブログを読んでは励まされてきました。

 

生後半年から赤ちゃんと両親は別室で就寝、離乳食は最初から手づかみ食べ。イギリス式子育ては、少し聞いただけではぎょっとするような話が沢山あります。ですが、信用できるソースの情報を読み、自分の子供にあったペースで実践すると、決して無茶なことを言っているわけではありませんでした。いつの間にか、私たちの育児はイギリスで一般的な方法をベースに、日本語で得た情報を取り入れる、というような形に落ち着きました。そして、現在生後10か月の娘は私たち夫婦とは別室で、夜7時から朝7時までぐっすり眠り、食事は今のところ問題なくむしゃむしゃと自分で食べています。

 

子育ては正解が存在しない選択を、日々繰り返すようなもの。その選択は大きなものから小さなものまで様々です。何が自分たちの子供にとって最良の選択なのか、どのお母さんもお父さんもいつも頭を悩ませているのだと思います。私が色々なお母さんたちのブログに共感し励まされてきたように、私たちが調べて知ったこと、実践してみて感じたことが、ちょっとでも誰かの子育ての手助けになれば、と思ってこのブログを始めました。

 

もちろん、私たちが実践した方法が、全ての赤ちゃんにも合うものとは限りません。ですが、イギリスに住む日本人家族や、海外の子育てに興味がある方に、少しでも参考になる情報を提供していきたい、と思っています。

 

…が、ずっとブログを書きたいと思いつつ、やっと書き始めた今日は仕事復帰の1週間前です。復帰してもなんとか続けられるかな!よろしくお願いします。